パンテオン地所株式会社のZEH(ゼッチ)マンションに向けた取り組み

パンテオン地所株式会社は、ZEH-M普及に向けた計画として、集合住宅における断熱・機密性能の強化、高効率な設備導入による省エネ性能の向上をはかり「ZEH-M Oriented」の普及実現を目指します。

ZEH-M 基準達成に向けての取り組み計画

断熱


断熱性能を上げてエネルギーを極力必要としない住宅づくり
・アルミ樹脂複合+Low-E複層ガラスの窓の採用により断熱性、気密性を高めて省エネ性能の向上。
・高性断熱設計により、ZEH基準のクリア。

省エネ


高効率な設備の導入による消費電力の削減
・LED照明の採用により消費エネルギーを抑えCO2の削減にも貢献。
・高効率な給湯設備の採用。(エネファーム、エコキュート、エコジョーズ)
・高効率空調設備(暖房、冷房)の採用により消費エネルギーの削減。
・HEMSの導入により、電気、ガスの使用量を「見える化」にし省エネ意識向上。

創エネ


消費エネルギーを上回る電力の創出
・太陽光発電システムの導入により、消費エネルギー収支をゼロに。

<参考資料>
ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすること目指した住宅です。

ZEH(ゼッチ)とは
ZEH(ゼッチ)とは、「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅です。

※資源エネルギー庁ホームページより
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

集合住宅におけるZEHの定義と目指すべき水準(住棟単位)

集合住宅におけるZEHの定義と目指すべき水準(住棟単位)

 

集合住宅におけるZEHの定義と目指すべき水準(住戸単位)
集合住宅におけるZEHの定義と目指すべき水準(住戸単位)

 

平成30年度における集合住宅建築実績
平成30年度における集合住宅建築実績